ローンの引継ぎでの売却

ローン中の車の売却で、友人や知り合いなどへ売却する際に、ローン残をその買い手に引継ぎをする方も居ると思います。
ネットなどでもこの手のトラブルは多く掲載されているようですが、信頼してローンの引継ぎをしたにもかかわらず、ローンが滞納されることも少なくないようです。
ローンの名義があなたである限り、車を手放したとしてもローンを払う義務はあなたにあります。もし相手がローンを滞納したのならあなたが払うことになります。

 

個人売買でローン残のある車を売却する際は、出来るだけ現金で売却する事、もし相手に現金がない場合やローン残分だけでも支払いが出来ない場合は、売却を見送ることが賢明だと思います。

 

ローン残のある車の個人売買は手続きなどもややこしくなることやローン残を引き継ぐことなどをされる方も多いと思いますが、友人や知り合いでもローンの滞納などが起こりえます。ローンを引き継がなければいけないのなら個人売買は避け、車買取店や中古車販売店などに売却するほうが後々楽ですし、トラブルが無くなると思います。

 

ローンの引継ぎの売買は後々のトラブルにもなりますので、売却相手に今残っているローン残の金額のローンを新たに組んでもらい、あなたの名義のローンを決裁してからの売却が理想です。
ローン残のある車、中古車は、個人売買の際には現金で支払いして頂き、そのお金でローンを決裁しましょう!ローンの組み直しなどもめんどな面があるので、業者よりも少し高く売れるくらいの金額なら業者に売却する方が、手続きなどの面倒を代行してくれるので、楽に売却が出来ます。
ローンの引継ぎでの売却をお考えなら、名義をそのままで支払いだけではトラブルのもとになりますので、ローンの組み直しをおすすめします。